2016.4

 秋元なおと 1961年8月16日 鹿児島指宿生まれ。大阪大東市在住。男。
叙情派マンガとエコロジーマンガ、畳大のペン画など丸ペンでカリカリと地道に描いてます。

中学頃から少女マンガにはまり、アニメにひっかかりつつ、らくがき生活を送る。
仕事で大阪に出る頃からマンガを描き始め1985年にマンガ同人誌活動主体としてサークル:メタ・パラダイム発足。
(メタ・パラダイムは現在マンガ家白井弓子との二人サークル)
以降、製造業のサラリーマンをしながら地道にマンガ同人誌活動を送る。
2012年以降製造業を退き主夫に。
マンガ・イラスト、編集等のお仕事を募集中(2016年4月現在)

◆主なマンガ活動歴

1.叙情派マンガ
・一般公募同人誌「ノンストーリマンガ集」主催(1997〜1999年 全6号)
・一般公募同人誌「叙情派ひとつ」主催(2000年〜 2011年現在 11号 継続中)
  商業誌でも活躍している白井弓子氏、なかせよしみ氏も参加
  「ひとつ」に掲載された作品を中心に「白井弓子 初期短篇集」(小学館)が発行されてます。

2.エコロジーマンガ
・1996年にマンガ雑誌「コミックFantasy」に「カカ島区博物誌」という400年後の未来をエコロジカルな世界として描くマンガを描き始める。
 環境雑誌「Bio-City」と学研「2100年未来の街への旅」へ参加
・主に私家版「コミックFantasy」にて年2回作品発表しております。
・環境マンガということで坂本龍一氏にwebで同人誌「カカ島区博物誌」を紹介されたこともあります。

◆マンガ同人誌活動歴
・1985年からマンガ同人誌即売会にサークル:メタ・パラダイムで参加。
参加即売会:「東京コミティア」「関西コミティア」「そうさく畑」
・2011年12月ギャラリー:アートイマジンの小品展に出展
・2012年4月渋谷ギャラリー ルデコにてミックスアート展に出展
・2012年9月東京二科展、11月大阪二科展
・2012年11月大桜島公募展

◆仕事・賞歴など
・1992年「ガラスパーラ通りの歌姫」でコミックFantasy大賞 受賞
・コミックFantasy(1996年〜6回)「カカ島区博物誌」マンガ連載
・環境雑誌「Bio-City」マンガ掲載  32号(2005年)
                 33号(2006年)
                 44号(2010年)
・「何の雑誌」幻堂出版 マンガ掲載(2001、2004年)
・「2100年未来の街への旅」学研マンガ掲載(2002年)
・「Run & Bike」01号(2011年) イラストエッセイ掲載
・2012年8月二科展 入選
・2012年10月大桜島公募展 入選
・2013年11月「満天の星の歌」(文芸社)表紙と白黒の挿絵
・2014年2月「ピアノとノートパソコン」(文芸社)表紙
・2014年5月「夏至の夜に」(文芸社)表紙と本文カラーイラスト ほか
・2016年第一回枕崎国際芸術賞展にて「月と風車201509」(P50号)が佳作受賞
叙情マンガ 

一般的なストーリーマンガの作り方はマンガの舞台を作って、キャラクターを作って・・・
という手順で作られる事が多いですが

私の作りたい・見たいマンガは
作り手の想いがまずあって、
それを短いページでうまく表現した作品です。

そういうマンガを集めたものは
残念ながら商業雑誌にはほとんど存在していないので
同人誌という形で一般公募して
1997年から「ひとつ」という同人誌を立ち上げました。

2016年現在も年1回発行継続中です。
常時参加者さんを募集中です。

エコロジーマンガ 

未来の世界を破壊的なイメージで描いたものではなく
これから我々が選択して実現できる・実現したい世界
エコロジカルな持続可能で再生可能な未来像
誰も見たことのない、でもどこか懐かしい
これをマンガで表現する事を目指しております。

未来エコファンタジー
畳大のペン画 

数十年細々と描いてきたマンガの手法をそのまま使い、大きなペン画を描いてます。
マンガとは違ったインパクトのある表現となっているかと思います。